歴史

歴史

阿豆枳辞摩
(あずきじま)

小豆島という地名がいつから使われたか明らかでないが、文字として初めて使われたのは日本の最初の書物「古事記」に伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の2神が、日本の大八州(おおやしま)につづいて10番目に「小豆島(あづきじま)」を国生みし、別名を「大野手比売(おおぬでひめ)」というとあり、また日本書紀にも、応神天皇は、皇妃兄媛(えひめ)が吉備の国へ里帰りするに際し難波から出帆する舟を高台から見送りながら瀬戸の島々を望み見て、「阿波旋辞摩(あわじしま)・弥二(いやふた)並び阿豆枳辞摩(あずきじま)・・・」とよんでいる。その後、「小豆島(しょうどしま)」と呼ぶようになったのは、鎌倉中期頃といわれる。

佐々木信胤
(ささきのぶたね)

鎌倉幕府が亡んだ後の南北朝時代、佐々木三郎左衛門信胤は、1339年に小豆島に拠り本拠を星ヶ城においた。信胤はもともと北朝の細川定禅に応じて京都攻めに加わった勇将であったが、尊氏の権臣高土佐守師秋の愛人お才の局を奪って南朝に転じた。信胤が小豆島へ拠ったのは彼の出身地が対岸の児島であり、彼はその地方の海賊の名家であったことと修験道で深い関係のある南朝方の熊野水軍と提携し、瀬戸内海東部の海運の要所(海上権)を抑えて西国から上京への道を断つことにあった。しかし信胤が拠島して8年後の1347年、北軍の淡路守師氏は阿波淡路・讃岐・備前4カ国の大軍をもって来攻し、まる1カ月間の合戦の末降伏した。

キリシタン
島原移住

小豆島へキリスト教が渡来したのは1586年である。1585年、豊臣秀吉はキリシタン大名の小西行長に小豆島を領地として与え、彼は翌年大阪の神学校にいたグレゴリス・セスペデスを島に呼び寄せて布教させた。この時小豆島には1人のキリシタンもいなかったが、1カ月たたぬうちに1400人以上の信者ができ、高さ15m以上の十字架を建て、神仏は残らず破壊し、行長の自費で聖堂を建てたといわれる。

しかし1587年、秀吉の禁教令により宣教師らは日本からの退去令が出され、1630年頃までにはほとんど根絶するまでになった。しかしこの弾圧にも関わらず多少の隠れキリシタンは存在したものと思われる。こうした厳しい弾圧に対抗して、1637年に九州島原では宗徒が一揆を起した。これが島原の乱であり、多数の農民が討死し、島原半島南部は荒廃してしまった。そこで幕府は農民移住政策をとり、天領である小豆島も含め、全国から農民を移住させて復興をはかった。これが島原移住である。