小豆島ってどんな島?
(歴史・大阪城築城・遍路・習俗)(歴史・大阪城築城・遍路・習俗)

HISTORY

小豆島の歴史をご紹介します。

小豆島

歴史

  • 阿豆枳辞摩あずきじま

    小豆島という地名がいつから使われたか明らかでないが、文字として初めて使われたのは日本の最初の書物「古事記」に伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の2神が、日本の大八州(おおやしま)につづいて10番目に「小豆島(あづきじま)」を国生みし、別名を「大野手比売(おおぬでひめ)」というとあり、また日本書紀にも、応神天皇は、皇妃兄媛(えひめ)が吉備の国へ里帰りするに際し難波から出帆する舟を高台から見送りながら瀬戸の島々を望み見て、「阿波旋辞摩(あわじしま)・弥二(いやふた)並び阿豆枳辞摩(あずきじま)・・・」とよんでいる。その後、「小豆島(しょうどしま)」と呼ぶようになったのは、鎌倉中期頃といわれる。

  • 佐々木信胤ささきのぶたね

    鎌倉幕府が亡んだ後の南北朝時代、佐々木三郎左衛門信胤は、1339年に小豆島に拠り本拠を星ヶ城においた。信胤はもともと北朝の細川定禅に応じて京都攻めに加わった勇将であったが、尊氏の権臣高土佐守師秋の愛人お才の局を奪って南朝に転じた。信胤が小豆島へ拠ったのは彼の出身地が対岸の児島であり、彼はその地方の海賊の名家であったことと修験道で深い関係のある南朝方の熊野水軍と提携し、瀬戸内海東部の海運の要所(海上権)を抑えて西国から上京への道を断つことにあった。しかし信胤が拠島して8年後の1347年、北軍の淡路守師氏は阿波淡路・讃岐・備前4カ国の大軍をもって来攻し、まる1カ月間の合戦の末降伏した。

  • キリシタンと島原移住

    小豆島へキリスト教が渡来したのは1586年である。1585年、豊臣秀吉はキリシタン大名の小西行長に小豆島を領地として与え、彼は翌年大阪の神学校にいたグレゴリス・セスペデスを島に呼び寄せて布教させた。この時小豆島には1人のキリシタンもいなかったが、1カ月たたぬうちに1400人以上の信者ができ、高さ15m以上の十字架を建て、神仏は残らず破壊し、行長の自費で聖堂を建てたといわれる。
    しかし1587年、秀吉の禁教令により宣教師らは日本からの退去令が出され、1630年頃までにはほとんど根絶するまでになった。しかしこの弾圧にも関わらず多少の隠れキリシタンは存在したものと思われる。こうした厳しい弾圧に対抗して、1637年に九州島原では宗徒が一揆を起した。これが島原の乱であり、多数の農民が討死し、島原半島南部は荒廃してしまった。そこで幕府は農民移住政策をとり、天領である小豆島も含め、全国から農民を移住させて復興をはかった。これが島原移住である。

大阪城築城

1583年、豊臣秀吉により築かれた大坂城の石垣に用いた石材は、大阪近郊の御影・芦屋・生駒や瀬戸内海の家島・小豆島などから採石 したという。小豆島では加藤清正・片桐且元・黒田孝高が採石したという伝承がある。 現在の大阪城は1620年から10年がかりで徳川秀忠・家光が豊臣時代の城の上に大規模な盛り土をし、石垣を築いて大改修したものである。その石垣石は小豆島の各丁場からも多数採石しており、現存する残石はほとんどこの時のものである。それは現大阪城石垣にある刻印と島の残石の刻印と一致するものもあり、当時の古文書からも立証されている。 小豆島で採石した奉行は、小豆島町岩谷地区は福岡城主黒田筑前守、当浜・福田地区は伊勢津城主藤堂和泉守、石場地区は久留米城主田中筑後守、土庄町小海地区は小倉城主細川越中守、千軒・小瀬地区は熊本城主加藤肥後守、大部地区は竹田城主中川内膳正、豊島地区は佐賀城主鍋島信濃守であったといわれる。

遍路

その昔、弘法大師(空海)が生国讃岐と京都を往来の途中、小豆島に立ち寄られ、修行された険阻な洞窟、浜辺の庵など多くの御霊跡を残したと言い伝えられる。 また、小豆島は古くから山岳崇拝の霊地が島内のあちこちにあって、中世には修験者らの修行する姿がみられた。札所のなかには、鎌倉時代にあげたつり鐘の残るところもあり、それぞれの寺院の歴史はかなり古い。 小豆郡誌などによると、小豆島八十八ヶ所霊場開創は、1686年で、四国八十八ヶ所の霊場になぞらえて創設したという。当時、寺院だけでは数が足らなかったため、新たに堂庵を建立して現在の霊場を定めた。小豆島八十八ヶ所霊場は、行程が四国霊場の約10分の1の手軽さであることもあり、毎年多くの人が訪れる。島の人々は、お遍路さんをお茶やお菓子、甘酒などでお接待して迎えた。この“おもてなし”の風習は、今も小豆島に残る

遍路イメージ

習俗イメージ

習俗イメージ

習俗

年中行事として、虫送り・川めし・秋まつり・大師市(春・霜月)などがある。
また、郷土芸能として、農村歌舞伎(肥土山・中山)・安田おどり・ヤッシッシ・石節などがある。