皇子神社社叢

三都半島の西岸にある神浦の海岸から北方に突出する権源崎は
標高60m、傾斜約25度の円錐形の丘陵で権現山とも言います。
皇子神社はこの山の中腹に鎮座し岬全体が社叢であり、
面積は約1.3haです。

南側の一部を除いて全山樹林で覆われ、ウバメガシが最も
多くほとんど純群落をなしています。そのほかトベラ・
ネズミモチ・モッコク・ヤマモモ・アカメガシワ・ネズ・
クロマツ・クスドイゲなどが混じり、またイブキも多い。
イブキは約400株もあり、北側海岸付近の崖地上に群落を
作っています。これはわが国希有の自生地です。

尚、この社叢には朝鮮系の珍植物であり、県下では
小豆島だけに見られるチョウジガマズミが
混在していましたが、最近ではほとんど見られません。

林床にはヒトツバ・テイカカズラ・ヤブコウジが
生い茂り、特にウバメガシーヒトツバ群落という
耐乾性植物による瀬戸内海岸植生の代表的な姿を
見せています。

ここの樹林は魚付保安林となっており、ウバメガシ、
イブキなどの目立った群落がある点で代表的な社叢
として価値が高いです。
アクセス
神浦

関連記事