メディア

小豆島を舞台にした小説『おまめごとの島』 が発売されました!

omamegoto

恋と結婚を諦めた……アラフォー女性

家庭から逃げたい……アラサー主婦

過去をひた隠す……30代イケメン

不器用な大人たちが小豆島という大きなおうちで巻き起こす笑いと深い感動にあふれた「絆」物語。

親友を頼り、東京から小豆島へやってきた内向的30代イケメン・秋彦。島内のホテルで仕事を始めるが、恋も結婚も諦めたアラフォー女性・言問子と、家庭から逃げ出したいアラサー主婦・真奈美の間で、彼を巡りイザコザ発生。さらに東京育ちの美少女の出現で波瀾万丈の予感!? 平穏に生活していた島の人々を巻き込んで、島へ逃げるしかなかった秋彦の内面が明らかになっていく……。「家族」って何だろう? いちばん大事なものって何だろう?

 

 

小説名      おまめごとの島

発売日      2015年3月1日

定価       1,620円

発行       講談社

 

関連記事