地元参加型企画~小豆島と東京を演劇で結ぶ~

サナトリウムの春 ~離小島療養所~

2018年東京で好評を得た作品が、肥土山農村歌舞伎300年の歴史を破り初のオリジナル現代劇に挑戦する!
山に抱かれ、まるで自然に溶け込むかのような国指定の有形民俗文化財 肥土山農村歌舞台。
秋風に吹かれながら満天の星空の下での観劇は稀有な思い出として刻まれるはず。記念すべき第一歩を一緒に目撃しませんか?

オーディションで選ばれた地元小豆島の島民が出演。
プロの役者達も小豆島に長期滞在し、地元出演者達と一体となって舞台を作り上げていきます。
この先も上演回数を重ねていきながら「小豆島が演劇の島になるように」との思いと共に小豆島で作り上げる舞台です。

【ストーリー】
1911年、日本で初めてオリーブの栽培に成功したのは瀬戸内海にあるひとつの島だった。
この話は小豆島にオリーブの花が咲く前の年の話である。
1910年ハレー彗星が地球に近づき、地球上の空気が5分間ほど無くなるという噂が世界中で広まった。
日本でもパニックとなり自殺する者もでた。
その島に不治の病の結核患者が入る療養所(サナトリウム)があった。
そこに住む希望をなくした人達に待っていたものとは?! 実話を元にした、生と笑いの感動ヒューマンドラマ!

今回の企画を一緒に盛り上げて応援してくださるスタッフ、スポンサーも随時募集中。
8月からクラウドファンディングも開始します。

チケットのお申込み
ホームページ(https://worpon.amebaownd.com/)
メール(yoshihiro.sato.wo@gmail.com) 
※メールにはお名前、年齢、枚数、連絡先(電話・メール)をご記入ください。

助成:(公財)置県百年記念香川県文化芸術振興財団
後援:土庄町・小豆島町・土庄町教育委員会・小豆島教育委員会・(一社)小豆島観光協会
協力:肥土山自治会・肥土山農村歌舞伎保存会・ペンションL&M 
企画:「サナトリウムの春」小豆島実行委員会
日程
2018年10月20日(土)/10月21日(日)
時間
開場:16時30分 開演:17時30分 上映時間:約2時間
アクセス
香川県小豆郡土庄町肥土山 「肥土山農村歌舞伎舞台」
肥土山バス停より徒歩10分
詳細
【フェリー時刻表】
行き(高松発) 12:35、13:40、15:10、16:10 帰り(土庄発)20:10
【高速艇時刻表】
行き(高松発) 13:40、14:20、15:10、15:50、16:30 帰り(土庄発)夜間便 20:50 ※最終便
料金
前売り:3,000円  当日:3,500円        中学生以下一律:1,000円
お問い合せ
「サナトリウムの春」小豆島実行委員会  yoshihiro.sato.wo@gmail.com
Webサイト
https://worpon.amebaownd.com/

関連記事