星ヶ城のツルマサキ

ツルマサキは山地に自生する常緑つる性の低木であり、
マサキに類しますが、茎より細根を出て他樹、他物に
まつわり伸びます。

星ヶ城のツルマサキは東峰の阿豆枳(あずき)神社裏の
通路にあり、主幹の部分が胸高幹囲38cmで地上2mの
ところから二股に分かれ、他樹にまつわり伸びて
高さ7mに達しています。

左右に伸びた支幹は10mの広がりをもつ豪壮な樹冠を
なして典型的な樹形を見せています。

秋から冬にかけて丸い果実が3、4片にさけ、
中から橙赤色の仮種皮をかぶった種子をあらわにし、
緑の葉と対称して美しいです。

樹齢は、100年を超えると思われますが樹勢は旺盛で、
この種のものでは香川県下最大のものと見なされている
巨木です。
アクセス
神懸通 安田財産区

関連記事