西村高木明神社叢(鈴ヶ森)

高木明神社叢は日方バス停から北方へ約200mの位置にあり、
小規模ながら豪壮な巨樹をよく残した社叢です。
現在はよく整地されているので社叢の自然状態が
見られませんが、残存した巨木に往時の社叢の姿が
しのばれます。

ムクノキの大樹胸高幹囲5.2m、樹高15mをはじめ、
島内最大級のウバメガシ幹囲3.5mや、カゴノキ幹囲2.5m、
ヤブニッケイ幹囲1.1m、クスドイケ幹囲1.1mなど、
樹数は少ないですが、旺盛な大樹の見られる社叢です。

さらに、この社叢の林床の一部にあるキツネノカミソリ
(ユリ科)の群落は小豆島の低地には特異な分布で、
おそらく古い時代の山くずれによってこの地に運ばれ、
定着した群落と考えられます。
アクセス
日方

関連記事