橘荒神社社叢(たちばなこうじんじゃしゃそう)

橘荒神社社叢は橘バス停から約300m、人家を通り抜けて
拇指嶽(おやゆびだけ)に至る山腹にあります。

境内は小さく樹数は少ないですが、生育環境が良好で
暖温帯性の大樹の見られる社叢であり豪壮な景観を
あらわしています。

特にここにあるクスノキは樹高25m、胸高幹囲7.0mで
島内有数のものであり、樹勢も旺盛。
そのほかの樹種としてはエノキ、シンパク、モッコク、
サカキ、ヤブニッケイ、トベラなどで、大きなものの
胸高幹囲はエノキ3.6m、シンパク1.7m、モッコク1.3m、
サカキ0.7m、ヤブニッケイ1.1m、トベラ0.6mです。

床植物は少ないですが、つる性のキヅタで直径18cmの
ものが大エノキに網状にまつわっているのは印象的。
アクセス
橘 荒神社

関連記事