天津神社社叢(あまつじんじゃしゃそう)

神懸通り集会場前にある、クスノキ、クロガネモチなどの巨樹を
交えた、基本的にはアラカシ型社叢であり、暖温帯性常緑樹林の
ひとつとして美しい。

小高い丘にある神社の南斜面には高木層としてアラカシがよく
茂り、中・低木層としては、イヌマキ、モッコク、ヤブニッケイ、
トベラ、リツバ、ホソバカナワラビ、マンリョウ、ヤブコウジ、
イズセンリョウなどが密生しています。

これらの林床植物を含めて生育がきわめて旺盛で、小規模ながら
昼なお暗い樹林であり、とくに島内では常緑カシ類の垂直分布の
一指標よなるアラカシ自然林がよく保存されている社叢が少なく、
この点からもアラカシ型の暖温帯性社叢として生態上貴重です。
アクセス
神懸通

関連記事