坂手荒神社社叢(さかてこうじんじゃしゃそう)

坂手荒神社は旧坂手小学校の北、約100mの所に位置し、
クスノキとシンパクの列植のある神域でその広さは
約700㎡。

古い時代に社叢を整地して現在の境内を造成したと
思われますが、中心樹であるクスノキは、直立性で
樹高は25m、胸高幹囲は4.6mの巨樹であり、町内有数の
樹高をもち、端正な樹形です。

また、境内の周辺に沿って9本のシンパクの列植があり、
最大のものは胸高幹囲が2.4m、樹高12mで、そのほかの
ものも幹囲がほぼ2m内外であり、見事。

他にも樹木としてはクスドイゲ幹囲1.2mやサクラ、
ムクノキが見られ、小規模ながら生育状況の良好な
森を形成しています。
アクセス
坂手

関連記事