坂手加茂明神社社叢

坂手港の西端から県道を隔ててすぐに見られる坂手加茂明神社は、
シンパクの古樹7本に囲まれた141㎡の小規模な神域です。
ここに見られるシンパクはほとんど200年以上の樹齢をもち、
最大のものは胸高幹囲が3.9m、樹高11m、そのほかのものも
すべてが幹囲2m内外。とくに祠の西北に位置する2本は
株元で連理していて特異です。

周囲に人家が密集し、道路も舗装されているので生育が
やや不良、樹冠に豪壮さが見られませんが、特異な
枝張りによる樹形と、このような老樹の並立は偉観で、
大切に保存していきたいものです。
アクセス
坂手

関連記事