寒霞渓のショウドシマレンギョウ群落

ショウドシマレンギョウ群落は寒霞渓四望頂より三笠山に至る
尾根付近に見られる小群落で、4月末から5月にかけて栽培種の
レンギョウ(モクセイ科)よりも素朴で野趣に富んだ淡黄色の花をつけます。

これは日本でただひとつの野生レンギョウと言われていた
ヤマトレンギョウ(岡山県新見市の石灰岩地帯に自生)の
変種として小豆島の集塊岩帯のみに自生する落葉低木で、
いわば、隔離進化した植物です。先が4裂した黄花を、葉とともに、
細い枝につけ、懸外から枝垂れる姿が美しい。
ヤマトレンギョウと異なり葉緑に
ぎざぎざがほとんどないのがこの種の特徴です。

寒霞渓を中心に点々とした分布で、あまり大きな
群落になりませんが、この群落はよくまとまり見事です。
日程
4月下旬~5月
アクセス
小豆郡小豆島町神懸通

関連記事