当浜(あてはま)のヤブツバキ群生林

ヤブツバキ、一名ヤマツバキは日本特産のツバキともいえるもので、
おもに本州太平洋岸、四国、九州、沖縄などの暖温帯地域に
自生する常緑樹です。したがって植物分布上、この地域を
ヤブツバキクラスと呼んでいます。

小豆島町当浜地区の南海岸の急斜面には小規模(150m×30m)ですが
島内ではもっとも優れたヤブツバキ群生林が見られます。
ほぼ純林であり、大小合わせて1000本あまりのヤブツバキが
群生し、花期には花の濃淡の変化もあり美しいです。

中にはかなり古樹も見られますが、この地では昔からツバキは
山に入っても切らないという無言の掟があったようで、これが
椿油という油脂質源の確保に役立ち、ひいては
このヤブツバキ群生林の保存に貢献したものと
考えられます。
アクセス
当浜

関連記事