内海八幡神社社叢(うちのみはちまんじんじゃしゃそう)

内海八幡神社は小豆島町馬木の西方、内海湾に面した海岸近く、
標高45mの花崗岩丘陵上にあり、このあたり一帯は見事な
ウバメガシ極相林による社叢になっています。

社叢の主体であるウバメガシはよく成長して上層を占めますが、
ごくわずかアベマキ、高木状のシャシャンボ、また点在する
クロマツが見られます。中層は低木状のモッコク・シャシャンボ
クロガネモチ・ネズミモチ・イブキ・トベラ等の暖温帯性樹木
からなります。下層はあまり発達していませんが、
ヒサカキ・ネズミモチ・イヌビワなどの低木がわずかに見えます。

林床は耐乾性シダであるヒトツバの発達が見事で、特に北参道の
周辺および急斜面をなす地表における密生状態は
足を入れる余地もないほどです。

これは典型的なウバメガシーヒトツバ群落の構成を示すものであり、
生態状、極めて価値が高く、神浦の国指定天然記念物
『皇子神社社叢』に匹敵する貴重な存在です。
アクセス
馬木 内海八幡神社

関連記事