老杉洞(ろうさんどう)のニホンザル群

老杉洞は奇岩と紅葉で知られた寒霞渓の表12景のひとつで
奇岩と紅葉が美しく、ロープウェイの紅雲亭駅より徒歩で
約10分のところにあります。

ニホンザルの群生するところは、小豆島では確認された
者だけでも6群(寒霞渓・城屋跡・星ヶ城・べに岳・銚子渓・
洞雲山)で他に2、3群あるらしく約2千頭近いものが
生息するものと推定され、行動範囲は島中央の山岳部
全体に及んでいます。

銚子渓サル群の餌付けはわずか3ヶ月余りで成功したのに比し、
老杉洞のサル群は昭和31年1月から翌年4月、この間実に
1年4ヶ月の長い月を要しました。
当時の群構成頭数は約140頭でボスは8頭、年々の出産数は
20頭くらいでありましたが昭和45年10月の調査では
180頭でボスが3頭、約16年間に銚子渓群の300頭以上の増加に
比べ、本群はわずか40頭しか植えていないし、ボスは5頭も
減っています。両群の生息地の相違はあっても間隔は2km
くらいで、群構成頭数にこんなにも違いが表れたことは
不思議です。

サルの生態習性等の観察から進んでサル類の社会構造の
研究・両群の社会構造の比較、さらに他県のものとの
比較研究・群遷移の状況など学術上の研究資料として重要。
アクセス
神懸通 小豆島町

関連記事